ウェスタ川越

川越市がコンサートやイベントの開催、講座の開催などができる複合施設を平成27年にオープンし、若竹にもコンサートやセミナーなどに参加されるお客様も増えています。

私も4月の初めから「カラーと表現のちからで魅力UP!」の講座を受けました。

私に似合う色をみたいからセミナーを受けてみました。色によって顔の色が変わることに驚き、似合う色に出会うと顔色が明るく生き生きと見え喜びに大満足。間違った色を選ぶと顔色がくすんだり暗くなったり不思議です。カラーにはいろいろな力があり人の脳に働きかける力が色の魅力でしょうか。もっと勉強したい。そんな感想を持ったセミナーでした。

アニメ 「月がきれい」

テレビアニメ「月がきれい」が4月から川越を舞台に放送されています。
新河岸川の桜、蔵づくりの街並み、本川越付近のファミレス、町内の街灯、熊の神社など、どれも見慣れた風景に嬉しくてお散歩も楽しくなります。

今日は熊の神社に行って来ました。

熊の神社 鳥居             熊の神社 本殿

本殿

丁寧にリアルに描かれていて、このアニメがもっとたくさんの人に見て頂ければと思います。

 

 

ピンクとイエローのコントラスト

今日も綺麗な桜を見ることができました。

 精進場橋から見た桜

小仙波方面へいつもなら車で移動しますが自転車にしました。

お天気も午後は回復し本川越から小仙波方面へ。

新河岸川沿いを自転車で走るとピンクの桜とイエローの菜の花の

コントラストが見事です。

弁天橋から見た桜

橋の上にはたくさんの人がカメラを手にし、近くの人は

「ここの桜は見事でしょう!」と話していましたがわかる気がします。

みんなにきれいな桜を見てもらいたいんです。自慢の桜ですね。

 

 

 

花見日和

川越水上公園の桜をお友達と見に行ってきました。

駐車場から少し歩くと桜並木が見えてきます。

この公園の桜のトンネルが一番好き。

桜のトンネルを過ぎるとまだまだ続く桜並木

解放感があり花見客で賑わっています。

これより土手に上がり桜並木を上から見る景色も素晴らしものです。

何処までも続く桜並木。お天気も良く運動不足な私には良い運動になります。

ずーと歩いていくと池のあるスポットに。

春休みということもあり親子でスワンボートを楽しそうに漕ぐ姿が見ていてほのぼのとします。

 

 

 

 

マンホールカード

マンホールカードをまつり会館で頂いて来ました。

川越市版マンホールカードのデザインは川越市のシンボル「時の鐘」と「蔵づくりの街並み」をイメージしたマンホールの蓋です。

マンホールカードについて詳しくは、http://www.gk-p.jp/mhcard.html

下水道広報プラットホームのサイトまで。

 

 

 

 

桜が見れた♬

今日は長瀞にある「小さなホテル セラヴィ」さんで埼玉県旅館組合女性部会の役員会でした。

昼食をしながら総会やこれからの活動について役員の皆さんとお話をすすめてきました。

どれも美味しいものですが、タラの芽やうどの天ぷら、新葱のぬたなど旬のものは嬉しいですね。

帰りにホテルの近くにある法善寺でたくさんの桜が目に入り家路を急ぐ私でしたが途中下車で車をから降りて桜をみて歩き、思いもよらないことに感激しています。コのような桜を見ることができて最高🎵♪

蕾も多くまだまだ楽しめそうです。

境内には「昭和初期に野口雨情家にあった桜の苗木をこの寺に植えられた桜」があり野口雨情けとゆかりがあるようです。

 

 

日本一なが~い

今日もたくさんの観光客のお客様で賑わっている川越 菓子屋横丁

懐かしいお菓子がたくさん。

日本一なが~いふ菓子。

街行く人がこの長いふ菓子を手にしている姿をよく見かけます。

私も買ってみました。

長さは日本一長い95cmのふ菓子。

沖縄産の糖蜜黒糖を使用していてまわりが黒糖の味が美味しい。中までしみ込んでいないので外甘く中さっぱりで良いかも。

 

 

開花しました

今年は彼岸を過ぎて寒さが戻り桜の開花も足踏み状態です。

喜多院は桜まつりの模様ですが桜(ソメイヨシノ)を楽しむのはまだまだといったところでしょうか。

それでも境内を歩いていると少しづつ咲始めている桜もあります。

喜多院境内にあるしだれ桜は満開を迎えています。

喜多院本堂奥にある紅葉山庭園のしだれ桜も素晴らしいとのことですがまだ見たことがありません。

今度見に行った際にはご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

春まつり 2017

今日から小江戸川越では「春まつり」が始まりました。

中院のしだれ桜も満開で見頃を迎え、たくさんの観光客で賑わっています。これから喜多院の桜、氷川神社裏の桜、新河岸川の桜、水上公園の桜どれも見ごたえのあるもので楽しみです。

春まつりの初日オープニングイベントで 川越藩火縄銃鉄砲隊の演武があり火縄銃の音には迫力を感じます。

今日は川越蔵づくりの街並みが「江戸の日」となり着物を着た町娘や商人が現れ楽しませてくれています。

私も着物で行けばよかった。そのような気持ちになります。

 

 

 

 

蔵づくりの街並みが着物姿の人で小江戸川越を江戸の街の雰囲気を思わせるものでした。

 

 

彼岸の入り

今日は彼岸の入りです。

お墓を掃除して、お花を供え、お線香をあげて

ご先祖さまに感謝をして供養をして参りました。

お寺は川越市三光町にある妙昌寺。

日蓮宗大本山池上本門寺の末寺として

1375年に開創されました。

小江戸川越七福神の七番目 弁財天も妙昌寺の境内に

祀られています。

七福神唯つの女神さま。

弁舌や芸術、財福、延寿を授ける神様として

信仰されています。

小江戸川越七福神 七寺の境内に水琴窟が造られていて、

小江戸川越七つの音風景として楽しまれています。

透きとおるような水の音。

七寺それぞれの水琴窟は形も音も違います。

皆様も是非美しい水の音をお楽しみ下さい。